2019年04月06日

美園珈琲店です。焙煎その3

こんにちは。美園珈琲店です。

名古屋のMCコーヒー 川上さんにいただいた
手動のサンプルロースターへの改造のお話です。
川上さんは、私が勝手に師匠と決めた人です。
この人については、後ほど書いていきます。

さて、ユニオンのロースターをどうするか?
付属のスタンドでは熱源から遠いようで
下部は熱いが、ほかはそうでもない。
豆の入っているドラムの中で温度ムラがある。
これは焼き網にも共通することだと思います。
ドラムの雰囲気温度を上げるには釜構造だと考え
ブリキ缶を手に入れ、加工していきます。
両端にベアリングをつけ、上部には煙突をつけ、
煙突上部に可動するフタのようなものをつける。
下部はロケットストーブの内径にあうように円柱状の
部品を取り付けて完成しました。
(立体物を文章にするとイメージしにくいと思いますが)

ロケットストーブに炭を熾しサンプルロースターをセット。
火力は炭の量と空気の通り道で加減しますが、これが
難しいのです。
豆を焼くと、これが非常に良いのでした。
焼き色も確認できるし、味の厚みも出ているよう。
ひとつ問題なのは火力の調整だけでした。
ガスだとコックをひねればできるのに。
しかし、ここを解決できればモノになるという
確信を得たのでした。

つづく

【日記の最新記事】
posted by 美園珈琲店 店主 at 18:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: